5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

Food is the reason you should travel, and on my blog you'll see ones that feature incredibly delicious food and travel tips!

【バンコク】地元の食通が唸る!本当に美味しい屋台料理!〜カオマンガイ、トムヤムクン、パッタイ編〜

サワディカ~!(こんにちは)

 

『本っ当に美味しいタイ料理』を食べるためだけにタイに来ています!SARAです!

 

まずは首都Bangkokバンコクの美味しいものを紹介!地元の人しか知らない穴場もぜひぜひ教えてしまいます!

 

第1弾:ガパオライス 

saratravel.hateblo.jp

 

第2弾:スープヌードル(温)

 

saratravel.hateblo.jp

 

第3弾:フライヌードル(パッシーユ) 

saratravel.hateblo.jpちなみに、上記のパッシーユを超えたパッシーユの店を発見(2018年8月地点)

超美味しいパッシーユと、餡掛け麺『ナードラー』が楽しめる

saratravel.hateblo.jp

 

第4弾:ハラール料理『ロティ』

saratravel.hateblo.jp

 

第5弾:カリふわっ!!『ムール貝オムレツ』

saratravel.hateblo.jp

 

 

に続き、バンコク食レポ最終回は・・・

『屋台編』

 

地元民が唸るお店を紹介していきます!

 

 

タイで一番美味い自信!ぷぅりっぷりのワンタン麺

 場所はバンコクの中心部『Sala Daeng』駅のすぐ近く

Sala Daengと言えば、ゴーゴーバーやゴーゴーボーイでおなじみの『夜の街』

 

駅を降りてすぐ、屋台が多く並んでいる通りの一番手前に位置するこちらのお店

 ここのお店を通った瞬間、何か輝くものが目に入り私の足を止める⁉

何かと思いきや…

『ぷぅぅりっっぷりのワンタン』!!!

 

思わず、お姉さんにその場でワンタン麺をオーダー

 まずは、『汁なしワンタンヌードル with ローストポーク』から

個人的には、これが一番美味しい!最高に美味しい!

 

続いて、『汁なしワンタンヌードル with ローストポーク and 蟹』

続いて、『ワンタンスープwith ローストポーク(麺なし)』

感想に入ります!

超~!!!!!美味い~~~~!!!!

スーパー上手い!

なんと言っても、このワンタン!

自家製のぷりっぷりのワンタンからは、自然の甘味が中からジュ~って染み出る!

 そしてこの中華麺!

卵をすりこんだ生麺をその場でゆでるから、もっちもちつるっつる!

 こ・こ・で・・・!

何回もリピートし、何種類も食べたからこそ言えるポイントを大公開!

ポイントは2つ! 

 

①ワンタンはスープ付きで頼むべし!

ワンタンは、汁なしよりもスープ(汁あり、もしくは、スープ)に浸かっているワンタンのほうが断然美味しい!だしのきいた甘いスープがワンタンの皮に染み込んで、一層美味しく仕上がっている!

 

②汁なし麺は調味料を足すべし!

汁なしヌードルが絶品!!だが、ソースに一味足りない…!

そこで、これを追加して入れればばっちり!

・酢:スプーン2杯

・チリパウダー:スプーン 1/4杯

ナンプラー:ほんの4-5滴

味が締まって、めっちゃ美味しくなる!

私はこれで3杯食べた!

こんなに頼んだワンタンたちも、たった5分で間食!

ああ~美味しかった~!

タイどこを回っても、これ以上美味しいワンタンヌードルには会えませんでした!

私の中では、現状タイで一番美味しいワンタンヌードルのお店!

 

 

 

【値段】

・汁なしワンタンヌードル with ローストポーク:35バーツ(約120円)

・汁なしワンタンヌードル with ローストポーク and 蟹:40バーツ(約140円)

・汁ありワンタンヌードルwith ローストポーク:35バーツ(約120円)

・汁ありワンタンヌードル with ローストポーク and 蟹:40バーツ(約140円)

・麺なしワンタンスープ with ローストポーク:35バーツ(約120円)

 

なんと、蟹肉が入っているものと入っていないものの違い5バーツ!15円!

でも、個人的には、一番上と一番下のメニューがおすすめ♪(黄色ライン)

バンコクに来たら、絶対に食べてみて!!!

 

■店名はタイ語だが、ここの近く

 

名物おじさん!だしが染みわたるカオマンガイの老舗

 

場所は、Saphan khwai駅から2分

週末に開催されるウィークエンドマーケットからも近いため、買い物がてらお腹を満たすのもおススメ

 

店の外観はこんな感じ

英語が話せないおばちゃんがにこっと出迎えてくれる

f:id:saratravel2525:20180125210020j:image

 で、このおじさん(おにいさん?)

実は名物おじさん

 

カメラとビデオを回した瞬間に、鶏肉をものすごいスピードでぶった切るパフォーマンスをしてくれる

リズム感といったらもう。

f:id:saratravel2525:20180125210041j:image
カオマンガイの鶏肉は、蒸したオーソドックスなものと、油であげたものから選べる

 

OLやサラリーマンで賑わっている店内

10分ほど待つとおばさんがカオマンガイを持って来てくれる

 

うふ〜!美味しそう〜!!
f:id:saratravel2525:20180125210105j:image  

 

鶏肉がここまで柔らかい!?

ってほどの食感と、鶏肉のだしと甘みが染み込んだライス、セットでついてくるチリソースがアクセントになって、より一層美味しさを増す!

 

これで40バーツ(約140円)

オススメ度:☆☆

 

■Mongkolwattana Hainanese Chicken Rice

 

世界一有名な食通Youtuberが感動したトムヤムクン

 

あの有名なMark Weinをご存知だろうか?

世界中の美味しいものを発信する『食』のジャンルで世界一有名なYoutuber

 

そのMarkが恋に落ちたトムヤムクンがこちら

Tom Yum Goong Banglamphu

バンコク出身のMarkがおススメするお店というのもあって、私の期待度も最高レベルに

 

場所はバックパッカーの聖地、カオサンロードの近く

抜群のお腹のコンディションで向かったこのお店

おじさんが『トムヤム?トムヤム?』と話しかけてくる

f:id:saratravel2525:20180125205908j:image

店内は手作りのような内装

というか、ほぼ外(笑)

 

きたー!!!!

美味しそうー!!!!
f:id:saratravel2525:20180125205917j:image

 そして美味しいー!!!

そして辛っ!!!

 

こんな大ぶりのエビがごろごろ入ってる
f:id:saratravel2525:20180125205956j:image

シーフードの風味となんとも言えないトムヤムの味付け。

とてもゴージャスな味わい

 

なんですが・・・・

自分でも知らなかったけれど、トムヤム自体があまり好きじゃなかったのか、途中から箸が進まない。

申し訳ないのですが、食べきれなかった

 

ただ、レビューもすごく良く、トムヤムクンが好きな人は絶対好きな味だと思う。バンコク出身の人も、日本人も『バンコク1、美味しいトムヤムクンと口を揃えて言うこちらのお店。

トムヤムクンが好きな人はぜひ試してみては?

 

値段は、150b(約520円)

オススメ度:☆

 

■Tom Yum Goong Banglamphu

 

日本のパッタイしか食べたことない人はここのパッタイを食べてみて!

 

2018年8月4日に再来、最新記事はこちらから♪

saratravel.hateblo.jp

 

 

場所は、タイの伊勢丹『セントラルワールド』の近く。

3人のタイ人に近場の美味しいお店を聞いたら、3人ともここをオススメ!

見た目は、本当になんでもないお店。

外観はこちら!
f:id:saratravel2525:20180125210125j:image

バンコクで一番有名なカオマンガイのお店の真ん前

このお店は、1日中長い長い行列が絶えない、超有名店!私はいつも待ちきれず、まだ1回もここのカオマンガイを食べたことはないが、日本人にも合う味付けとのこと
f:id:saratravel2525:20180125210146j:image

 タイカレー、タイのチャーハンなど色々メニューがあるのが、なんだか美味しそうだったパッタイをオーダー

 

エビ・チキン・ポークから選べるので

私はエビパッタイをチョイス

その場でおっちゃんが作ってくれます

 

パッタイって、炒めすぎて麺がくっついたり、むにょむにょしたりするでしょ?

 

ここのパッタイは、麺の炒め具合が抜群

野菜もたっぷりエビの旨みも染み込んでいて美味しい!

 

それにこのボリューム

日本で食べるパッタイって、砂糖をワンカップぐらい入れるから甘いのよね。本格的なパッタイを食べてみたい人は、ぜひ試してみて!


f:id:saratravel2525:20180125210206j:image

 

80B(約280円)

 

 ■Raan Kaithong Pratunamの目の前