5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

Food is the reason you should travel, and on my blog you'll see ones that feature incredibly delicious food and travel tips!

スペイン巡礼38日目:【番外編】最終回Muxia(ムシーア) 29km

800㎞を歩き切り

今日はFisterraからMuxia(ムシーア)まで29㎞歩く

 

ほとんどの人がSantiagoで歩くのを終えるため、大西洋の方まで歩く人はわずか

特にこのMuxiaという街はFisterraより知名度が低く、最後までこの地を知らない人も

 

ヤコブの弟子たちが、ヤコブの遺骸を運んだことから生まれた道

Camino de Santiago(カミーノ デ サンティアゴ)』

The Way(日本名:星の旅人たち)の映画では

主人公のTomが最後に息子の遺灰をまいた場所が、ここMuxia(ムシーア)

 

私にとって、絶対に行きたかった場所

今日で、本当に本当に最後だ

 

Fisterraの海をみながら出発する

Fisterra→Muxia

Muxia→Fisterra

どちらからでも歩けるように、矢印も工夫されている

誰もいない静かな道

全く観光地化されておらず、本当に歩きたい人たちだけが歩いている

Santiagoの100㎞手前Saria(サリア)以降の慌ただしさは皆無。とても気持ちいい。

 

歩いていると頭の中の固まったものがどんどん溶けていく感覚

『本当に本当に最後か…』

 

Santiagoに着く前とは違う

寂しくなんてない、ただまだ達成感もない

16㎞歩いた地点で小さな町に入る

出発してから初めてのバル、ここで休むことに

 

■As Eiras Lires, Costa da Morte

 

ボカディージョ(スパニッシュサンドイッチ)とフレッシュオレンジジュースを飲んでいると、2人の女の子が歩いてくる

 

『…!?』

『カシア!!!アドリアナ!!!!』

1週間前に出会い、一緒に歩いてきた2人に再会!

saratravel.hateblo.jp

 

話も尽きずあっという間に1時間も経過していた

本当に最後の別れに、ビックハグをしてパシャリ

大好きな2人

 

更に13㎞歩き続け、ついにMuxiaに到着

『着いた…!』

MuxiaはFisterraよりも田舎で、小さな漁船町という感じ

カラフルな家の造りでとっても可愛い

 

Muxiaで楽しみにしていたことその①

”アルベルゲ”

 

すごく評価の高いアルベルゲがあって予約をしていたのだが

その予想を超えるくらい最高の場所だった!

 

ドアは全て自動ドア

何個も完備し、シャワールームは4人は入れてしまう程広々としている

オープンキッチンで調理器具もフリー食材(無料)も豊富

ルーフトップから足湯まであり

ベッドはプライベートが確保されているカーテン付き

そして、バスタオル付!

それでもって、1泊10ユーロ(約1300円)

■Albergue Arribada

 

Muxiaで楽しみにしていたことその②

”巡礼証明書”

 

Santiagoまで歩いた時だけではなくて

SantiagoからMuxia

FisterraからMuxia

を歩いた人に与えられる証明書

(ただし、自分の足で歩いた事を証明するために途中町のスタンプが必要)

 

Muxiaで楽しみにしていたことその③

”夕日”

 

スペインで最も西に位置するこの場所

ここからの夕日を見るのをとてもとても楽しみしていた

 

Fisterraのようなきれいなビーチではなくて岩場

波の一つ一つが岩にぶつかり、大きな音をあげる

この38日間を振り返りながら

太陽がどんどん沈んでいく

Santiagoに到着したときもなかった

Fisterraに到着したときもなかった

Muxiaに到着したときもなかった

 

この夕日を見て、やっと感じた

『達成感』

 

830㎞歩いた事なんて大したことない

何もすごいことなんてしていなければ、なにも自慢することなんてない

 

ただ、自分の中だけで大切に収めておきたい気持ちが

ぶわっと吹きあがった感覚

 

あぁ、心からありがとう

この命に心から感謝した、本当にありがとう

 

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記~スペイン横断~