5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

Food is the reason you should travel, and on my blog you'll see ones that feature incredibly delicious food and travel tips!

スペイン巡礼31日目:何歳になったって歩ける、それがカミーノ! Camino San Mamede do Camino 28km 

今日は、昨日出会った日本人男性の永田さんと歩くことに

 

巡礼路ではない裏道を歩くということで、朝6時真っ暗のうちに出発

違う道に入ってしまい2時間くらい彷徨ったけれど、星も月もキレイで気持ちいい

 

永『僕はね、カミーノを歩いきながら家族一人一人の事を大~切に大~切に考えるのが好きなんだ。普段の生活で、こんな無になる状況はないからね。』

 

実は永田さん、御年78歳!

私よりも早く歩き、重い荷物を背負い、長い距離を歩くスーパーおじいさん

トライアスロンも毎年挑戦されていて、最年長記録の保持者!

カミーノは10回以上も歩いているとのこと

 

道に迷っていたけど、明かりが見えてきた

どうやら巡礼路に合流したようだ。

このバルでの朝食はバリエーション豊かで、お店の人の愛想も良くおすすめ

私は、ロシアンサラダをオーダー 

 2ユーロ(約240円)

■ Bar-Restaurante Aira do Camiño

道は二手に分かれる

右側は、アップダウンがあるが景色がきれいな道

左側は、平坦だが少しばかり遠回りの道。有名な修道院があるSamosの町があるので、そこに行きたい人は左へ行く

 

私は、永田さんのおススメで右に行くことに

 道に咲いている一つ一つの花も可愛らしい

アップダウンもそこまででもなく、景色を十分に楽しめる

途中、私の友達のポーランド人のカシアとアメリカ人のアンジェリカに出会って4人で歩くことに

カミーノ熟練者の永田さんを紹介すると2人は興味津々

『ナガタ!ナガタ!』

と連呼して質問攻め

 

日本では、目上の人の名字を呼び捨てにしないからなんだか違和感。笑

 

実は永田さん、昨年歩いた時に韓国の映画監督に800㎞を密着されて

来年その内容が、映画化されるようだ

 

78歳とは思えないくらい歩くのが早くて、全然ついていけない

平均1日40㎞も歩くようで、通常40日かけて歩く800㎞を約20日で歩き切る永田さん

『いくつになっても、絶対に出来ない事なんてないのかな』

と考えさせられる。

途中、フリーの休息所があったので4人で休むことに

全部手作りでできていてとても可愛らしい場所

 

今日は大きな町、Sariaの手前San Mamede do Caminoの町でストップすることにした

巡礼路ラスト100㎞地点のSaria(サリア)からスタートする人が多く

サリアのアルベルゲはベッドバグ(南京虫)も多くいるとのこと

 

永田さんおすすめの、広々とした素敵なアルベルゲだ

 ■Paloma y Leña S.L

1泊10ユーロ(約1300円)

 

周りには何もない町だけれども、デリバリーで料理をオーダーすることも可能

ビーフステーキ 7ユーロ(約910円)を頼んだらこのボリューム

オーナーもとってもホスピタリティのある人

絶品のベジタリアン料理を振舞ってくれる

今日も素敵な日に感謝して、おやすみなさい