5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

Food is the reason you should travel, and on my blog you'll see ones that feature incredibly delicious food and travel tips!

スペイン巡礼18日目:メセタでメディテーション(瞑想) Flomista 26km

今日は6時前に起きて、ハビエルのアルベルゲでしっかり朝食

卵3つも使って、ボリューミーな朝ごはんを平らげました

 

さて、準備をして真っ暗なうちからスタート

なんだかおばけの写真みたい、えへへ

f:id:saratravel2525:20171207142404j:plain

今日は26㎞先の町を目指して出発

序盤から3㎞続く登り坂だったけれど、朝だからかすごく気持ちいい

 

上り坂の途中に、いくつかお墓が

真っ暗の中で歩いて落ちてしまった人がいたのかな・・・

 

f:id:saratravel2525:20171207142408j:plain

登りきって、よし下り!

 

と思いきや、まっすぐの平地

f:id:saratravel2525:20171207142411j:plain

ここで、今歩いている道について説明しますね

 

ブルゴスを出て、3日目。

実はブルゴスを出てから、道は大きく雰囲気を変えて

砂漠のような何もない平坦でまっすぐな道『メセタ』という大地を歩きます。

 

時には16㎞の間全く町がなければ

特に見るものもなく

食べるものも飲むものもなく

 

1日何十kmも歩く巡礼者にとっては一番辛いと言われる道。

観光らしい見どころも少なく、バスを使ってこの区間をスキップする人も多いよう。

 

ただ、この道は、別名『頭の道』とも言われていて、ずっと変わらない単調な景色の中をひたすら歩くことで、自分を見つめる機会と対話する時間が多く、

人によっては歩いていて涙が止まらなくなる人も。

 

実は私もその一人。

1日7時間も8時間もこんな道を歩くのですが

f:id:saratravel2525:20171207142414j:plain

どんどん自分の意識の中に入って行って

友達一人一人、家族のこと、仕事のこと

ゆっくり時間をかけて考えながら、歩いていくことが多く

 

メディテーション(瞑想)のように心がどんどん浄化されていきました。

 

今日はこんな高い木々の中を歩き

f:id:saratravel2525:20171207142418j:plain

そこを抜けると

ひまわり畑と青空が広がっています

f:id:saratravel2525:20171207142420j:plain

気温も高く、真夏は40度を超える暑さ

 

『そろそろ目的地の町に着くかな』

町の4㎞手前のダムで再会した

オランダ人のアレックスとルーマニア人のカタリーナ

 

カタリーナはお母さんと2人で歩いているんだって

どこまでも明るくて、どこまでも前向きなカタリーナ

f:id:saratravel2525:20171207142426j:plain

 

アレックスはカミーノ4回目

めちゃくちゃ豪快で、超面白い

 

アレックスの面白い話を聞いていたら、あっという間に目的地のFlomistaに到着

 

今日泊まったのは公共のアルベルゲ

う~ん、まぁまぁ。笑

リンクは付けないでおきましょう。笑

 

ディナーはなんだか雰囲気がいいレストランをチョイス

巡礼者メニュー、13ユーロ(約1690円)

 

まずは、前菜のガスパチョ

f:id:saratravel2525:20171207142429j:plain

これすっごく美味しい

野菜の冷スープの上に卵とハモンセラーノ

野菜の甘さと酸味が、火照った体に染み込んでいきます

 

続いてタコのライス

f:id:saratravel2525:20171207142431j:plain

これも上品なお味

タコのうまみを生かしたシンプルな味わい

 

見た目では小さくみえますが、結構ボリューミー

白ワインも1杯ついて、13ユーロでした

 

■La Venta Boffard

 

そのあと、違うバルで

台湾人のジョとオランダ人のアレックスと合流してパシャリ

f:id:saratravel2525:20171207142435j:plain

今日も素敵な1日に感謝して、おやすみなさい