5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

Food is the reason you should travel, and on my blog you'll see ones that feature incredibly delicious food and travel tips!

スペイン巡礼8日目:蛇口から大量の赤ワイン!!Los Arcos 22km

 

今日は朝ごはんを食べて、7時に出発。まだ暗いうちから出発するのは初めて。

 

今日の目玉は、『IRACHE』という場所

このIRACHEという場所は、まさかの蛇口からワインがでるの!

 

30分くらい歩いたら看板を発見

f:id:saratravel2525:20171128141752j:plain

2つ蛇口があって

右からは、水が

左からは、赤ワインがでるそう

 

朝7時半でしたが、せっかくなのでワインを飲んでみることにf:id:saratravel2525:20171128141757j:plain

私『飲みまーす!』(独り言)

私『わわ~わぉ!!!』

うまく口に運ぶことができず、服にも赤ワインがついて大はしゃぎ
『WOW』と大爆笑を繰り返す私の姿に、周りの人がパシャパシャ写真を撮ってくる

 

ちなみに、その写真の中でもらった一枚がこれ。

f:id:saratravel2525:20171128141800j:plain

一人なのに、楽しそう。笑

 

赤ワインを機に、仲良くなったグワテマラ出身のラファエルとルス。

2人は60歳を上回った兄弟姉妹なんだけど、なんとカミーノは5回目。

カトリック信者で、宗教的な理由で歩いているみたい。

 

 

ラ『さらの足は、大丈夫かい』

私『うん、大丈夫だと思っているけど、なんで?』

ラ『なんだか緩そうにみえるんだ。もっとこう紐を絞ったほうがいいよ』

と手取り足取り、靴のフィッティングをしてくれたら

私『わっ!全然違う!』

ラ『これでブリスターができないはずだ』

って、満面の笑顔

 

この丘を越えながら

f:id:saratravel2525:20171128141804j:plain

ラファエルとルスと歩くことにf:id:saratravel2525:20171128141808j:plain

(ちなみに白い帽子はラファエル)

 

ちょっと2人は休憩するということで

途中で別れて、また一人で歩いているとf:id:saratravel2525:20171128141821j:plain若い可愛いガールズ団体に遭遇。

意気投合して、一緒に歩くことに

 

話を聞いてみると

みんな一人で来て、道の途中で合流したんだって

 

3日だけ歩く台湾出身のシンディ

1週間歩きにきたイギリス出身のフランシスカ

まだ高校生なのに180㎝オーバーのスペイン出身のアルメッレ

ハイテンション、ハイモチベーション、フランス出身のスティファニー

 

f:id:saratravel2525:20171128141919j:plain

屋台みたいなところで休んでいたら、ぞろぞろ人が集まってきて

みんな、明日到着予定のログローニュという街の話題で大盛り上がり

ログローニョは、スペイン巡礼最大の美食の街で

ここのバル通りで楽しもうと、ヨーロッパ中から人が集まる街

 

出発前に記念にみんなでパシャリ

f:id:saratravel2525:20171128141815j:plain

この矢印だけを頼りに歩いていきます

f:id:saratravel2525:20171128141825j:plain

 

あっという間に私の今日の目的地『Los Arcos』に到着。

 

みんなはログローニョに早く到着するために、8キロ先の村まで歩いていくとのこと。

さんざん一緒に行こうと口説かれたが、私は今日、お目当ての宿があったので一人ここでストップ

 

結果、それが大正解!

とってもホスピタリティのある素敵なアルベルゲで、

 

ブドウの木に囲まれた中にはには足を休ませる場所があったり

f:id:saratravel2525:20171128141842j:plain

マッサージを募金で受けられたり、もう最高!

f:id:saratravel2525:20171128141847j:plain

 

■Albergue La fuente Casa Austria

9ユーロ(約1170円)

]

 

お腹が減ったので、街の奥にあるバルに入ってみたら、

地元のおじさんしかいない。

私、こういうお店大好き。。。笑

 

カウンターに座って、バーテンダーの女性に話かけてみたら

これまた意気投合!彼女の名前は、アナ。

f:id:saratravel2525:20171128141858j:plain

 

アナはこの町出身の男性と結婚して、10年以上もここで働いているんだけど

旦那さんが寝たきりの病気になってしまって、全ての生計はアナが背負っているとのこと

 

私『大変だったね・・・』

ア『私、すっごく幸せよ。この町は小さいけれど大好きだし、大好きな人と一緒にいられるってすごく幸せなことだと思うの。』

私『そうなんだ!!素敵!』

 『ねぇ!アナも一緒に飲もうよ!』

 

と一緒に飲みながら、食べながら、話を聞いていたら

こうやって日々の幸せにフォーカスして感謝できること姿にとっても感動しちゃって

急に、涙腺が・・・・笑

 

 

あっという間に1時間くらい経過していて、アナがカウンターからキッチンの仕事にうつるとのこと。

 

お別れする前に

アナ『良かったら、これ食べて行って。私が朝作ったのよ』

って差し出してくれた豚肉のフライ

f:id:saratravel2525:20171128141901j:plain

塩漬けして乾燥した豚肉を揚げたものなんだけれど

この酸味がお酒のつまみにぴったりで、ワイン進む~進む~!!!

 

キッチンに入る前にビックハグをしてくれて

ア『ブエン・カミーノ、さら!あなたなら素敵な旅になるわ!』と一言。

 

あ~楽しかった

こういう出会いって素敵!またアナに会いにこの町に戻ってきたいな~♪

 

ちなみにここのバルは

■Bar Restaurante Mavi

:title]

 

その後、アルベルゲで本を読んでいたら

スペイン人の女の子2人が私に歩み寄ってみて

『Teach me English』

って照れながら言ってくるの。

可愛い。笑

 

このプチ『英会話レッスン』で人が集まってきて、みんなでご飯に行くことに

レストランで待っていたら

友達が友達を呼び寄せ、5人、10人と増えていき、最終的には12人でディナー。

 

まずは、ホワイトアスパラの酢漬け

f:id:saratravel2525:20171128141925j:plain

そして、チキンのトマトソース煮込み 

f:id:saratravel2525:20171128141929j:plain

大きなメロンと、もちろん赤ワインボトルまでついて

f:id:saratravel2525:20171128141933j:plain

12ユーロ(約1560円)

 

みんなで楽しく食事をしました♪

f:id:saratravel2525:20171128141937j:plain

 

朝から飲みまくり、食べまくりの一日でした

今日も素敵な1日に感謝して、おやすみなさい